犬の幼稚園

 投稿しないでいるうちにテンはもう7か月になってしまった!早い。@@

 毎週日曜日に通っていたしつけ教室のパピークラスは7回で終了。パピークラスに通っている間に、そこのドッグスクールがやっている犬の幼稚園というのに通い始めた。月に8回コース。幼稚園ではトレーニングしてもらえたりお散歩してもらえる。遊んでもらえる時間が長いので、テンはこの幼稚園に行くのがとても嬉しい様子。行くとスタッフの方にとびついて体中で喜びを表してる。うちの家族にはこういう態度をとることはない。笑


Img_20171125_210659

 噛み癖は一番の悩みではあるけど、それ以外にもいろいろ悩みが尽きない。
 噛み癖は歯が生え変わって落ち着いたように思えたけど、今度は要求噛みが出てきたみたい。これはきっと毅然とした態度でいないといけないんだと思う。服従心を持たせないといけない。頑張らねば。

 お散歩中の引っ張りも悩み。私が散歩するのは土日祝日の朝と午後。引っ張るので大抵はそのうちぜこぜこ言い出す。苦しそう。引っ張らないようにいつなるんだろうか。
 散歩中のマーキングもなるべく少なくしないといけないんだけど、なかなかうまくいかない。せめて3回までにしたい。
 散歩前に家でおしっこやウンチをさせてから行けたら一番いいんだけど、なかなか時間がなくて付き合っていられない。夜だけは家でおしっこをしていたけど、最近はそれもしなくなってきた。おしっこを12時間でも我慢出来てしまうらしい。身体に悪そうだけどしないものは仕方ない。家でおしっこしたらおやつをあげて褒めているんだけど、それよりも外でマーキングしたいんだろうな。

Img_20171125_154433

 体重は11㎏近くになってしまった。まだ7か月だというのに。かなりショック。もっと前からきちんと体重がどのくらい増えていくのがいいか、調べておいたらよかった。先日病院に行ったら、計量カップではなくてきちんと1回ごとに餌の量を測った方がいいと言われたんだけど、さっそくその日の夜から測ったら、なんと思っていた重量よりあげている量が多めだった!少しの積み重ねが肥満に繋がってしまうんだろうな。気を付けないと。

 アーテミスのフレッシュミックスというピンクの袋の餌をあげていたけど、しつけをする上で好きなフードじゃないと言うことをきかせられないということで、ファインペッツのドッグフードに変えてみた。こちらは匂いが強いので喜んで食べている。
 トレーニングに使うフードは鶏肉を茹でたものでもいいと聞き、鶏の胸肉を使うようになった。アーテミスの食いつきが悪いのでいつも鶏の胸肉を細かくして混ぜていたら、アーテミスも食べてくれるようになった。寒くなって食欲が出てきたみたい。いくらでも食べたがる。

 というわけで、今はアーテミスとファインペッツと両方を半分ずつあげている。本当はアーテミスがなくなる頃にファインペッツの割合を増やしていくのが正しいんだけど、幼稚園に行くときはファインペッツを持っていきたいので仕方ない。アーテミスはあと1か月くらいでなくなると思うので、そしたらしばらくファインペッツだけで様子をみよう。

Img_20171116_090004

 幼稚園に行くときは車にケージを乗せていてその中に入れていく。何度も乗せているせいで慣れたみたい。おとなしくしてくれている。
 そういえばずっと『ゲージ』と言っていたけど、母が本に『ケージ』と書いてあったと言っていて、調べたら『ケージ』が正しかった。確かに、ゲージって何か測るときに使うよな。慣れてしまったものを直すのって難しいけど、間違いは恥ずかしいので直さなきゃ。


Img_20171110_211237

 夜、眠くて目がトロンとしてきたところ。


 テンは飼い始めたころからいつも便が緩いイメージ。ドッグフードが多いと便が緩くなり、少ないと便が固くなるということなので、うちはやっぱりいつも餌が多かったのかもしれない。お散歩で出会う柴犬はたいていテンよりもスリム。体重管理って難しい。今は成長期なのでダイエットするわけにはいかず、体重や便をみながら餌の量を調整するしかない。

 ウンチも大抵散歩中にしている。やっぱり身体を動かすと出るってことらしい。テンは柔らかかったり下痢っぽかったりというのが多いので、トイレシートで受け止めないと片付けが大変なことになる。道路はツルツルではないので入り込んでしまった便はとれない。
 餌の量を少し減らすことにしたので、便が固くなることを祈るばかり。

22886267_1718451904845056_513423620


 これはドッグスクールの方が撮影したお散歩中の一コマ。駅で人なれの練習をするそう。駅の構内(改札の外)って犬が行ってもいいんだなってそこに驚いたりして。(^-^;)

 この写真だと体格がしっかりしているのがわかるかな?若い柴犬は結構スリムな子が多いような気がする。11㎏近くなって、私は抱っこするとすぐに腕が耐えられなくなってしまうこの頃。これ以上大きくなると困るな。


| | Comments (0)

『黒のスクエアリース』

20171111_top200 だいぶ経ってしまいましたが、今月もワークショップに参加してきました。作りものは楽しい。(^^)

 今回の作品


| | Comments (0)

松原庵Cafe/11月の鎌倉ことりっぷ

 大仏を観た後はお茶をしなくちゃと由比ガ浜まで歩いてみた。どこかいいところはないかなとスマホで探したけど、あまりピンとくるところがなくて結局松原庵へ。松原庵は前回食事をしたけど今回は甘いものとコーヒーが目当て。

Img_20171112_160355

 ニレコーヒーを注文してみたら苦かった。私はミルクを入れるので平気なんだけど。でも次からはやっぱりブレンドにしよう。お友達によるとカップはジノリとのことだった。こういう素敵なカップで飲むコーヒーは更に美味しく感じる。

Img_20171112_160502

 デザートはカマクラウィッチと濃厚ブラウニー。カマクラウィッチ美味しかった。レーズンサンドはいろいろなところが販売しているけど、私はやっぱり小川軒が一番好き。


Img_20171112_170600


 帰りは江ノ電で座れたので、窓の外を撮影。実際にはもっと暗かったけど、スマホのカメラだといい感じに撮れてしまう。(^o^)
 盛りだくさんの楽しい一日だった。

| | Comments (0)

長寿庵・長谷寺・建長寺/11月の鎌倉ことりっぷ

 ランチの後は近くの長寿寺へ。長寿寺は何年か前に行ったお寺で、とても素敵だったのでまたぜひ行ってみたいと思っていた場所。春と秋の金土日および祝日しか拝観できなくて、時間も10時から15時と短め。そして雨天も拝観出来ないという、行けたらラッキーなお寺。

 去年だったか一昨年だったか同じお友達と行ってみたら、ちょうど15時を過ぎたところで入れなかったということがあったので、今回は念願かなってやっと行くことが出来て良かった。

Img_20171112_121025

 建物内ではおしゃべりをしてはいけなくて、静かにお庭を鑑賞。天気が良かったお陰で光がとても美しかった。


Img_20171112_120058

 去来庵と同じくやっぱり高台にある長寿寺。きっと道路が峰のような低いところを通っているんだろうな。去来庵からは歩いて5分くらいかな?拝観後はここから鎌倉駅まで歩いたけど、30分以上かかったはず。結構な距離だけど、途中小町通りを通ったりしてみるものがたくさんあり、おしゃべりしながらだったのであまり遠く感じなかった。

Img_20171112_140415

 前回初めて長谷寺写経をしてどうも納得できなかったので、今回もう一度挑戦してきた。写経をすると次回招待券として長谷寺に入るための券がもらえるので、しっかりとっておいたものを活用。今回の写経は短い文章のものにしてみたけど、やっぱり納得できず。何度も何度も写経するうちに納得できる出来になるのかしら。

Img_20171112_152130

 写経をした後は久しぶりの大仏を観に建長寺へ。建長寺は長谷寺から歩いて行ける距離。私は子供たちと行って以来なので10年くらいかな?もっとかな?久しぶりに見ても変わらない大仏様。小学校の遠足でも行ったはず。懐かしい。

Img_20171112_151403

 さすが東京近郊の観光地。外国人の観光客がたくさんいた。みんな手に大仏様を乗せた写真を撮っていた。笑

| | Comments (0)

去来庵/11月の鎌倉ことりっぷ

 11月の2週目の日曜日、友人に誘ってもらい再び鎌倉へ行ってきた。7月初めにテンがやってきてからはなかなか遠出する事が出来ず、もしかしたら6月の鎌倉以来のお出掛けかもしれない。

 同じ友人と今年3回目。(笑) 鎌倉は誘ってくれる友人宅からもうちからも、日帰りするのにちょうどいい場所にあるんだと思う。出来れば箱根なんかも行ってみたいけど、ちょっと遠くて日帰りだとランチと一か所行くくらいで終わってしまいそう。

 この日はとてもいい天気に恵まれて、いつ行っても混んでいるけど、この日の鎌倉もやっぱり人がたくさんいた。


Img_20171112_103504

 鎌倉に行くなら事前にリサーチして美味しいものを食べるのが目的の一つ。今回は友人が行ってみたかったという去来庵へ。ビーフシチューが有名なお店とのこと。
 開店が11時だったので、10時半に北鎌倉駅で待ち合わせ。歩いて10分くらいのところにあった。この日は一番乗り!

 年季の入った看板には「コーヒーとシチューの店」とある。何年か前からコーヒーに目覚めた私。これはコーヒーも飲まなくちゃと思ってしまう。(^-^;

Img_20171112_105236

 去来庵は昭和初期に建築された和風の別荘建築とのこと。(←説明文そのまま。建築が重なるのが気になる。💦)門もお庭も建物も、趣のある素敵な空間だった。

Img_20171112_105306

 開店10分前には門が開いて、高台にある建物の前まで移動。ベンチに座って開店を待った。写真はそこからの景色。モミジの美しさに惹かれる。


Img_20171112_111925

 開店してすぐはまだ入れたけど、しばらくして気付いたら満席になっていた。やっぱり観光地の人気店は開店前に並んで正解。
 ビーフシチューセットを注文した。写真のセットにコーヒーがついて税抜2980円だったかな?いいお値段!でもとても美味しかった。

Img_20171112_113932

 去来庵のコーヒーはドリップではない感じ?写真のように細かい泡がたつのはエスプレッソマシンみたいなイメージ。でもそんなに詳しいわけじゃないので、正解はよくわからない。味は飲みやすくてまぁまぁ美味しかったと思う。でも値段の高いコーヒーはカップとかお砂糖とかミルクとかそういうの含めて楽しみたいので、お砂糖とミルクがファミレスみたいで残念だった。

 セットでなければ単品でも頼めるので、夕方歩き疲れて絶対お茶をする事を考えると、ここではコーヒーなしのビーフシチューとライスとサラダで良かったかもな。


Img_20171112_115559

 店舗への入り口とは別に玄関(?)のような場所があり、そこに飾ってあった生け花。
 色が綺麗でなんの実だろう?と写真を撮ってきた。


Img_20171112_115619

 アップにするとわかるけど、外側がオレンジで弾けると赤い種が見える。家に帰って母に聞いたら、ツルウメモドキと判明。日本に自生するような花屋さんでは売っていない植物の名前は知らない事が多い。これからコツコツ覚えたい。

| | Comments (0)

秋のベランダ仕事

 毎年恒例のビオラ&ムスカリの鉢植えづくり。今年は3鉢植えてみた。もしかしたら年々減少傾向にあるかも?(^^;)

 ワークショップにも通っている近所のお花屋さん。営業形態が変わって今は月に1週間ほどのみの営業。ブログで入荷情報をチェックしてビオラが入荷していたのを狙って買いに行ってきた。そこのお花屋さんの趣味で毎年同じような色になってしまう。黄色いビオラとかはたぶん選択肢にないんだと思う。笑


Img_20171028_112713

 ひとつは半月型のハンギングにひと苗。横に残りもののムスカリを入れてみた。小さすぎて咲かない可能性あり。


Img_20171028_111856

 ひとつは春にお友達にあげるための一鉢。苗は3つ。黒いのをポイントにして。ムスカリは毎年掘り起こして使っているけど、結構それなりの大きさに育ってくれるので買わないで済んでいる。本当は買いに行きたいけど球根を売っている時期になかなかホームセンターや園芸店に行くことがない。
 しっかり根を張らせるために、水やりは控えめに。


Img_20171028_111954

 こちらもひと苗で自分用。コロンとした丸い鉢がお気に入り。こちらもムスカリを植えてある。

Img_20171028_111811

 秋になってミニバラのテディベアがまた咲いてくれて嬉しい。夏に今年は確か4鉢位、コガネムシの幼虫にやられてしまった。カシワバアジサイとランタナとアナベルもだったかな?うー、忘れてしまった。このテディベアもやられてしまったんだっけ?それで強選定したので、咲くのが遅くなってしまったんだったかな。記憶力の低下が怖い。(T_T)


Img_20171028_112201

 日影が好きなアジュガ。どんどん伸びるけど鉢がいっぱいになってしまっていたので、思い切って多肉が伸び放題だった手作りのコンテナに植えてみた。多肉は綺麗なものだけ小さな鉢に移動。ここにもムスカリの残りの球根を植えたので、春が楽しみ。黄緑色はセダムの仲間。


Img_20171028_112343

 こちらも違う種類のセダム。去年から(おととしから?)ムスカリが植えっぱなし。来年は咲くかな?鉢にしているのはブリキのバケツだけどさすがに何年もたってボロボロ。春のムスカリが終わったら来年は掘り上げよう。

| | Comments (0)

『膠着』

 『膠着』 今野敏 中公文庫

 久しぶりの今野敏さん。母が購入したもの。とても面白くてあっという間に読み終わるけど、読んで2週間くらい経つせいか内容が思い出せず。(^-^;) 裏表紙のあらすじを読んでも最後が思い出せないってどうなんだろう。笑


『膠着』


Img_20171107_155501600x800_2


| | Comments (0)

«『この世の春 下』