秋のベランダ仕事

 昨日は毎年恒例のビオラの寄せ植えづくりを頑張った。いつもワークショップに参加しているお花屋さん、月に5日間の営業になってしまったけど、かえってビオラは10月に買わないと間に合わないとわかりやすくなり、買い忘れがなくなった。
 こちらのお花屋さんはいつも同じようなビオラしか仕入れないけど、微妙な色合いが好みなので毎年買っている。
 でも母に言わせるとくすんでいるからあまり好みじゃないとのこと。それを聞いてとても驚いた。お年寄りははっきりした明るい色の花が好みというのは、フラワーアレンジメントのときにもよく聞いていたけど、そうか、母もやっぱり綺麗な色の方が好きなんだ。一緒に暮らしていてもわかっていなかった。

 1階の駐車場にもビオラの鉢をおきたいとのことで、↓これは綺麗なピンク色との希望でホームセンターで買ったもの。ホームセンターではそんなに選べるほど種類がなかったけど、このくらいの色なら大丈夫みたい。お花屋さんで買ったものと似たような色だけど、白が入ると明るい印象になる。ビオラ3株植え。鉢は27cmくらいの9号サイズかな。下にムスカリの球根を10個くらい入れた。

Img_20181028_072104



 ↓こちらは毎年春に友達にあげる鉢。お花屋さんで購入したビオラの「しんしん」。3株植えて今年はセダムも植えてみた。セダムは1/2株ずつ3か所に。球根はビオラとシラーを混ぜてみた。
 みんなアップで撮るので鉢の大きさがわかりにくいけど、上の鉢に比べると一回りか二回り大きい。
 正しいかはわからないけど、ビオラの苗を複数植えるときは中心に寄せて植えるようにしている。鉢が大きいときにはもうちょっと真ん中をあけた方がいいのかもしれないな。

Img_20181028_071019




 ↓こちらもお花屋さんで買ってきたビオラ。可愛い名前の「あんみつももか」。この色も可愛らしい。鉢は5年前のレッスンで使ったもの。このときのビオラも「しんしん」だ。笑 コンクリートみたいな材質でとても重たい鉢。でも存在感ありなので植える植物を引き立ててくれると思う。春にムスカリが伸びてきたらそれもまた景色が変わって良さそう。

Img_20181028_071105




 ビオラの「しんしん」1株植え。これは自分用。ここにシラーの残りを植えればよかったのに、忘れてしまった。今から横の方に植えるべきか考え中。ムスカリはこの鉢にももちろん入っている。周りにはあちこちの鉢で育っている大きめセダムを植えてみた。ビオラが大きくなるまでの間、セダムの黄緑色があると寂しくない。

Img_20181028_071008




 ↓ホームセンターで買ってきたビオラを5株のうちの一株。黄色はやっぱりはずせない。ホームセンターのビオラはとても安かったけど、苗が小さいのとあとは管理が良くなくて買ってきたうちの一株が根腐れしていた。(T_T) 植え付けしようとしたら、株の根元のところで切れてしまった。根っこはホントにちょぼちょぼのみ。生き返るかなぁ。
 このハンギングにはずっと植えっぱなしだったムスカリが入っていて、葉も伸びてきていたんだけど、葉をカットしてもまた生えてくると聞いたので、今年はカットにチャレンジ。一度土を全部出して球根を掘り起こして、葉をカットしてまた植えてみた。葉の切り方が中途半端すぎておかしい。(^-^;)

Img_20181028_071442



 ↓これはピンクと黄色の原種系チューリップを植えてみた。残りのセダム1/2を植えて水やりも楽しめるように、チューリップが咲いた時も綺麗なように。原種系ではない普通のチューリップはどうも水やりが足りなくてここ何年も思い描くように育たないので、植えないことにした。(^-^;) 水をたくさんあげればいい話なんだけど、ビオラは水やりしすぎない方が良く育つので、相反するところが一緒に植えるのには難しいと思ってしまう。暖かくなってきたらたくさん水やりすればいいのかなぁ。

Img_20181028_071120




 ↓こちらはヒバのブルーバード。いつもクリスマスリースを作るときに購入するととても高いので、来年のリースづくりに向けて育ててみることにした。葉が茶色くならないように育てるのが難しそうだけど、さて思惑通りにいくかな。(^-^;

Img_20181028_071335



 ↓これは20代の頃に購入した無印良品のかごをプランターの代わりに使ってみようと思い立って、残りものを植えてみた。奥の枝はハツユキカズラ。ホントはもっと繊細で可愛い葉物なんだけど、夏の間の直射日光で普通の葉っぱになってしまった。あとは残りのムスカリ全部と手前左はカルーナ。なんとなくホームセンターで買ってしまったけど、使い道に困ってしまった。ちゃんと計画を立てて買わないと、使いこなせないということがわかった。
 生き残りセダムを移植。セダムが育ってくれると嬉しいんだけどな。

Img_20181028_071412




 ↓おまけの画像。去年の寄せ植えの記事を見ていて、ずいぶん育っていてビックリ。
 向こう側のムスカリを掘り起こして土を新しくしてあげたいけど、今回は手を付けられなかった。

Img_20181028_071510




 ↓とても気に入っているシダの仲間。これは2年前の夏の寄せ植えレッスンで作った鉢の生き残り。シダだから湿度の高い方が好きなんだろうけど、置き場所が難しくてなかなか綺麗に育てられない。植え替えしてあげたらいいのかな。

Img_20181028_071648




 ↓これは1か月前の画像。大好きなデュランタ。今はもう終わりかけだけど、ずいぶん長く花を楽しめる優秀な植物。来年に備えて枝をカットして植え替えもしなくては。

Img_20180929_120703


 枝がずいぶん長く伸びるので、狭い場所に置くのには適していない。

Img_20180929_120118


| | Comments (0)

『まるまる毬』


 『まるまる毬』 西條奈加 講談社文庫

 時代小説で何か面白いのはないかなとネットで探していて見つけた本。何で時代小説にこんなに惹かれるのかな。タイムマシンでどこかに行けるなら、ぜひとも江戸時代に行ってみたい。


Img_20181021_091230


Img_20181021_091301


| | Comments (0)

『本屋さんのダイアナ』


 『本屋さんのダイアナ』 柚木麻子 新潮社

 この本は、雑誌で誰かが紹介していたんだと思うんだけど、もう忘れてしまった。(+o+)
 初めての作家さんだったけど物語は面白かった。でもどうしても、『ダイアナ』を『大穴』と書く名前なんてありえないので、受け入れられない。そこが引っ掛かりすぎて、忘れられない本になるかもしれない。(^^;)


Img_20181013_120022


| | Comments (0)

『青空と逃げる』

 『青空と逃げる』 辻村深月 中央公論新社

 上の子が今年就職したので、先月私とおばあちゃんにお給料でプレゼントをくれた。突然のことでビックリ。それほど高価なものではなくても、やはり気持ちが嬉しい。私は就職してお給料をもらってから、両親にプレゼントしただろうか?うーん、していない気がする。。。

 この本は上の子からおばあちゃんへのプレゼント。どうしてこの本を選んだか理由は知らないけど、たぶん本屋さんでお薦めの本としてたくさん積んであったのではないかと予想。笑
 私としては帯にある本屋大賞の本の方が読みたかった!借りようと思ったら何百人も待っているんだもの。

 本と言えば、先日NHKでマツコさんと有働さんが司会をしていた番組で、健康寿命についてやっていたようで、母が録画していたものをちょっと見た。(まだ全部は見ていない) それで健康寿命を延ばすポイントとして「本や雑誌を読む」というのが1番に挙げられていて、一見健康とつながりがあるように思えないからとても驚いた。 
 そして番組の中で、山梨県は図書館がとても充実しているとやっていて、いつか行ってみたいなーと思った。私がよく行く図書館なんて、私が小学校の頃から変わっていない。もうちょっと過ごしやすい雰囲気だといいのにな。考えてみればいっつも返却と予約の本を借りるだけで滞在時間は5分もない。もうちょっと長居したくなるように改善してほしい。
 金沢でたまたま行った図書館も素敵だった。こういうところにお金をかけてくれればいいのにな。

Img_20181013_115945


Img_20181013_115923


| | Comments (0)

『花だより』

 『花だより みをつくし料理帖 特別巻』  高田郁 角川春樹事務所

 半年に一度の高田郁さんの本を楽しみにしている。8月にそろそろ『あきない世傳 金と銀』の最新刊が出るはずと思いチェックしたら、今回は出ないようで代わりにこの本が9月に発売となっていた。みをつくし料理帖に出てきた登場人物のその後が描かれていた。この本を久しぶりに読んでビックリ。澪は源斉先生と結婚したんだっけ?と大事なところをすっかり忘れている私。(^-^; またこの物語を読めてよかった。幸せ。

Img_20181013_115839


Img_20181013_115756


| | Comments (0)

『羊と鋼の森』


 『羊と鋼の森』 宮下奈都 文藝春秋

 何年か前の本屋大賞受賞作品。やっと借りられた。ピアノの調教師のお話し。面白かった。
 けど読み終えて1か月くらいは経つので内容をぼんやりとしか覚えていない。(^-^;)
 静かに進む物語で読んでいて疲れない感じ。

 羊と言えば、もう20年以上前に読んだ村上春樹さんの『羊をめぐる冒険』。たぶんこの本だと思うんだけど、強烈に印象に残っている。ストーリーを覚えているわけじゃないんだけど、羊蹄山が出てきたのとか羊男が出てきたのとか、折に触れて思い出す。思い出すたびにもう一度読みたいと思うんだけど、いまだに実現していない。ぜひ羊蹄山の見えるところに旅行に行くことにして、その前に読んでみたい。


Img_20180915_120321


| | Comments (2)

pecobox

 せっかくなのでpecoboxも記事にしておこう。

Img_20180627_112930

 ↑こちらは夏前に来たもの。ピンクと紫のペンギン(だったかな?)、とても気に入ってずっと遊んでいたらその日のうちに壊してしまった。(^-^;
 テンは音の鳴るぬいぐるみ系のおもちゃが好きだけど、音の鳴るものって結構唾液でならなくなってしまう事が多い。青いワニみたいなのは頑丈で壊れないけど、音が鳴らなくなってしまった。

 音の鳴るテニスボールみたいなのがドッグスクールにあって、先月それを借りて遊んだらすぐに穴をあけてしまった。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
 噛みたい欲求は強いようで、木を模した噛むためのおもちゃはコンスタントに出してきては齧っている。

Img_20180825_122708

 先月きたおもちゃ。先月のはどれもテンのツボだったみたい。ゴリラみたいなゾウは壊れにくくて2週間くらい経った今も健在。笑 ドッグウッドという噛むおもちゃも気に入った様子。今日またレッスンに行くので、そのときにサイ(?)のおもちゃをおろす予定。

 pecoboxは2か月おきにしてたけど、次は3か月後にしてみようと思う。

| | Comments (0)

«テン1歳4か月