« 漢字 | Main | プレゼント »

『ダーティ・ワーク』

Dsc00761b 絲山秋子さんの『ダーティ・ワーク』を読みました。こちらは志生野さんのblogで今年1冊目に読んだ本と紹介されていたもの。私はここ1ヶ月くらいまともに本を読んでいなかったのですが、今週は立て続けに3冊くらい読んでいるので久しぶりに本を読んだーって感じになってます。(笑)
 以下、ネタバレになってしまってます。m(_ _)m

 この本は7つの短編の登場人物が微妙に絡まりあっていて面白かったです。1回読んだだけじゃよく理解できていなかった人間関係もあったりして、読み直したら「そっかーーー」と納得できるところがまた嬉しかったです。 ローリング・ストーンズの曲のタイトルが短編の題名になっているらしいのですが、曲のタイトルからストーリーを考えたのかな?と、読み終わった後も想像が広がります。
 本のタイトルはローリング・ストーンズのアルバムのタイトルらしいです。「汚れるのはめちゃくちゃ汚れるけど、汚い仕事じゃないんだ」っていうセリフがあるのですが、ここに繋がるのかなぁ?でも、このセリフだけは私読んでいてなんだか違和感がありました。(笑)

|

« 漢字 | Main | プレゼント »

」カテゴリの記事

Comments

さっそく読まれたんですねー。
ワタシもさゆたさん同様に、登場人物の関係性が分かり辛くて
何度か元のページに戻って読み返したりしました。
正直言うと、ギタリスト熊井が女性だということに
読み始めてしばらくは気づかなかったくらいです。(笑)

英語の副題に注目されてるのは、さすがさゆたさんですね。
ワタシなんて、最初から気にもとめてませんでしたョ。

絲山さんの作品ってけっこうさらさらっと読めちゃうんだけど
じゃあいったい何が言いたかったのかって考えると
感想を書くのが難しいです。(^^;

Posted by: 志生野 | January 19, 2008 at 09:46

≫志生野さん

私も熊井が女性って気付きませんでした。
健康診断で「婦人科の検査は後日。。。」のところで
初めて「へ?」と思いましたよ。(笑)

人間関係はまだ気付いてないものがありそうだと
ちょっと心配なのですが、本は返してきちゃったので
もう確認しようがないですね~
パチンコする男性の話しが最初「???」だったのですが
もう一度読んでやっと弟だとわかりました。(遅い、笑)

確かにこの本、何が言いたかったかと考えるのは難しいですね。
私は絲山秋子さんが、ローリング・ストーンズの曲名から
ストーリーを考えることを楽しんだ作品なのかなって思いました。
絲山さんの本は何冊か読んだことがあるのですが、
内容はよく覚えてないですね~(^^;)
この本はローリング・ストーンズ繋がりで覚えていられるかな。

Posted by: さゆた | January 19, 2008 at 18:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 漢字 | Main | プレゼント »