« 『ダイナミックに束ねるモダンスタイルブーケ』 | Main | 富士山 »

『赤毛のアン』

Dsc01435b テレビ神奈川で朝8時ごろからアニメの「赤毛のアン」を放送しています。母がせっせと番組を録画して毎日見ているので、ときどき私も一緒に見ています。今日録画されていた「赤毛のアン」を見ていたら、明日の放送が最終回とのことでした。
 「赤毛のアン」といえば、ずいぶんたくさんのお話しがあることは知っていたのですが、さて私はどのあたりまで読んだことのあるのか?多分前にも全部読んでみようかと読み始めたことがあったと思うのですが、絶対最後までは到達していないように思います。アニメを見ていたら懐かしくて、また読んでみたくなり、「赤毛のアン」から読み始めました。さすがに「赤毛のアン」は子供の頃から何度も読んでいるので懐かしいです。
 家にあった文庫本は、「赤毛のアン」、「アンの青春」、「アンの愛情」、「アンの友達」、「アンの幸福」、「アンの夢の家」、「虹の谷のアン」、「アンの娘リラ」の8冊でした。他に「炉辺荘のアン」と「アンをめぐる人々」があったはずなのですが、見当たらないので親戚の家に貸し出し中のままなのかもしれません。文庫の古いものは180円なんていう定価のものもあり、私が子供の頃に母が買い集めたんだろうなというのが伺えます。
 さて、今回は最後まで読めるでしょうか。

|

« 『ダイナミックに束ねるモダンスタイルブーケ』 | Main | 富士山 »

」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。文庫本の表紙がとっても素敵ですね!

さゆたさんママって好みが可愛い!(と前にも思った記事がありましたが)と思うとすごくアクティブで、やっぱりさゆたさんのママなんだなぁと感心してしまいます。

うちの母は私同様動きませんが(笑)ハイジの再放送は絶対見てしまうようです。単に好きなんでしょうが、私と一緒に見ていた頃が懐かしいのかもしれません。

私は若草物語の最終回、末娘のナレーションの「隣の家の男の子(一番元気な次姉と仲が良かった)と結婚するのは実はこの私なんです!」と聞いてえーっと仰け反ってしまった覚えがありますが、当時田舎の本屋では続編を見つけることができませんでした。今なら手に入るかもしれませんので、探してみたいと思います。そんなことを思い出して少し嬉しくなりました。

Posted by: pancake | July 24, 2008 at 17:21

≫pancakeさん

文庫本、赤毛のアンだけが旺文社(なんてあったのね?)で
他はみんな新潮社なの。
赤毛のアンも新潮社のだったらよかったのにね。
新潮文庫の赤毛のアンはどんな表紙なのかなぁ。

母は私よりずっとアニメなんかが好きで、
よく子供と一緒に見てたりするの。(笑)
この頃は土曜日の朝にやっている精霊の守り人を
欠かさず見ているよ。

ハイジ、今日からって思い出して後半半分だけ見たんだけど
何だか昔っぽい絵でとても懐かしかった。
ハイジってあのアニメのシリーズの中でもずいぶん初めの頃の
ものだったもんね。
で、若草物語はね、私はどうもアニメを
見ていなかったんじゃないかと思うの。
少し前に家にあった文庫本を読んでみたんだけど、
初めてのストーリーだった記憶が。
若草物語もそのうちアニメの再放送あるのかな。
赤毛のアンを見ていて、あんまりセリフが本と同じなので
感動したの。若草物語もそうなのかなぁとぜひ確認してみたい!
あと、ポリアンヌ物語(だったかな)っていうのも
私は昔見ていないので見たいなぁ。これも原作の
少女パレアナを最近読み直したので。
pancakeさんは全部観ているのかな?これってやっぱり年代が
ちょっとずれているせいかも?(笑)

若草物語の続編だったかな、確かに一番下の妹と
隣の家の男の子が結婚することになってたよ。
結婚式までしていたかどうかは既に曖昧。(^^;)
図書館にもきっとあるよね。ぜひ見つかるといいね~

Posted by: さゆた | July 24, 2008 at 19:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『ダイナミックに束ねるモダンスタイルブーケ』 | Main | 富士山 »