用安海岸/奄美の旅 5日目

Dsc01840b


 古代焼き体験が終わったのは夕方4時半くらいだったと思うのですが、最後にどうしても海に入りたいと上の子がいうので、1時間だけという約束で子供たちだけ海に入りました。今回ばしゃ山村に1泊しかしなかったのですが、4日目の夕方と5日目の朝と夕方と3回も用安海岸で泳ぎました。5日目の朝には私も一緒に泳いだのですが、ずっと沖の方に浮いているボートまで行ってみたら水が透き通っていてとっても綺麗!ボートのあたりでは綺麗なお魚を見ることも出来ます。子供たちはこのボートの上でお相撲をとってみたり、ドボンと飛び込んでみたりと、ものすごく気に入っていました。最後の最後もここまで行って遊んでいたので、私がいくら浜から呼んでも聞こえないはず。時間がきたらちゃんと帰ってきてくれるか心配だったのですが、無事に戻ってきてくれました。

 帰りの飛行機は7時だったのですが、空港には6時過ぎに到着。この日奄美に戻ってきたはまちゃんと空港で会うことが出来ました。待ち合いのベンチに座って今回の旅の出来事などしばしおしゃべり。はまちゃんと会うたびに、奄美に住んでいるのにどうして全然日焼けしていないんだろう?と不思議に思います。私の方がよっぽど日焼けしているという。。。(^^;)

 今回は4泊5日であっという間の旅行でしたが、いつもと同じく楽しく過ごすことが出来ました。行く前は来年上の子が中学生だし、最後になるかもしれないからと奄美に行くことにしたのですが、行ってみたらとっても楽しくて、やっぱり来年もきたい!という思いを抱いて帰ってきました。さて来年も行けるのかなぁ。

 これにて今年の奄美の旅の報告はおしまいです。長い間おつきあいいただいてありがとうございました。

| | Comments (8)

古代焼き体験/奄美の旅 5日目

Dsc01933b 今年も子供たちがぜひやりたいと言っていた古代焼き体験。ばしゃ山村の向かいにある奄美民族村にて体験してきました。この日の午前中11時ごろ行ったら午前の受付は終了していたため、お昼を食べかき氷を食べて午後2時ごろにまた行きました。いつもお皿にケンムンが乗ったものを作ったりしていたのですが、今回は下の子が大きいケンムン、上の子と私はコップのようなものを目指して作り始めました。体験モノをやっていつも思うのですが、何を作るかある程度考えないといけないものは、やっぱり前もって構想を練っておくべきですね。私は何を作るか考えてくださいといわれ、しばらく悩みに悩んでしまいました。(←かなりの優柔不断)
 下の子は前日からばしゃ山村の売店で売っているケンムンをチェックして、どんなのを作るかしっかり頭に描いていた様子。粘土を渡されて早速作り始めていました。
 お皿のタイプにするかコップのタイプにするかによって、作り方が全然違うのですが、コップの形は底を丸く作った後、細長くした粘土をグルグルと1,2段ずつ積み重ねては段差を指でならして綺麗にしていきます。このコップタイプ、初めて作りましたがすごく難しかったです。


Dsc01918b こちらが下の子作のケンムン。足が妙になまめかしいのは私が作ったからのようです。時間が経つと粘土が固くなってしまうので、手や足がうまく出来なくて、最後は「お母さんやって!」となり、足だけ私が担当しました。ケンムンにしては肉付きのいい足になってしまいました。。。
 顔にくっついている白い丸いものは一体何?と思ったら、鼻ちょうちんだそうです。何でそんなもの。。。?

Dsc01924b こちらは上の子作。このタイプ、本当に難しくて上の子は悪戦苦闘した末に四角い形にしてました。(笑)ペン立てか花瓶という感じでしょうか。作った後、表面に貝殻などで模様をつけていました。

Dsc01923b こちらは私のです。思いつきであとからふたも作ってみましたが、ただ乗せるだけのふたになってしまっていて、すぐずれてしまうので実用的ではありませんでした。飾っておくには可愛いかも。
 基本的に粘土は2色しかないのですが、釉薬をつけないで焼くとこの赤っぽい色は黒くなります。家に戻ってから、やっぱり釉薬なしにしてもらえばよかった。。。と後悔したのですが、もう仕方ないと諦めました。次回は釉薬なしで植木鉢か何かを作ってみたいなぁと思います。


Dsc01921bDsc01934b_2

 まるでオペラでも歌っているみたい。(笑)

| | Comments (0)

HOT PEPPER/奄美の旅 5日目

Dsc01832b 今年も旅の最後にHOT PEPPERに行くことができました。時間がなさそうだし、今年は行かなくていいかな?と考えていたのですが、子供たちがぜひ行きたいというのでかき氷を食べに行ってきました。
 行ってみたらちょうどお客さんがいっぱい!大人が2人と子供が5人か6人の団体さんがいてびっくりしました。るるぶに載るようになって、お客さんが増えたのかな?1,2年目がのんびりしていてよかったかも。
 黒糖に練乳がかかっていました。貝殻のスプーンはなくなっちゃったみたいでした。時が経つということは色々変化するということなのですね。ちょっと淋しいけど仕方ないのかな。

| | Comments (2)

レンブ/奄美の旅 5日目

Dsc01753b


 この果物、レンブというそうです。初めて見たのは去年、ばしゃ山村で朝食のときにフルーツのプレートに乗せてありました。シャリシャリした食感でほんのり甘みがあって、梨みたいという感想でした。スタッフの方に名前を聞いたら『デンブ』と教えてくれたので、桜でんぶを思い浮かべたのを覚えています。(笑)
 今年はばしゃ山村にチェックインしたとき、カウンターの横に置いてありました。見てすぐに去年食べたのを思い出し、フロントの方に「これなんていう名前でしたっけ?」と聞いたら、やっぱり『デンブ』と教えてくれたので、『あぁ、そうだった』と、やっぱり桜でんぶが思い浮かびました。(笑)
 チェックアウトのとき、カウンターがかなり混んでいたので前の人が終わるのを待っていたのですが、そのときやっぱりこの不思議な果物のことを話していて、スタッフの方が「猿のお尻に似ていると言われているんです」と説明していました。お客さんの方は「だからデンブ(臀部)ね」と納得していて、私も後ろで聞いていてなるほどなぁと思いました。

 このエントリーを載せようと、ネットでデンブを検索してみたら、桜でんぶばかりが引っかかって、この果物のことは殆ど出てきませんでした。その中の記事で、本当はレンブなのに、沖縄の方で地元の人がデンブと言っていたというものがあり、正しい名前が判明したというわけなのでした。(説明が長い。笑)


Dsc01819b ばしゃ山村にレンブの木があって、実がたくさんなっていました。落ちていた実を下の子がケンムンに乗せて記念撮影してました。
 レンブ(蓮霧)は、台湾やインド、フィリピン、マレーシアなどで栽培されているそうで、日本では沖縄などで栽培されているようです。去年はカットしたものをそのまま食べましたが、今年はスライスしたものがサラダに入っていました。つい昨日、石垣島のお土産にスターフルーツを頂いたのですが、このスターフルーツがとてもよく似た味でした。

Dsc01816b

 ばしゃ山村にあったレンブの木はかなり大きくて、下から見上げると実がとても小さく見えました。でも実の大きさは、小さなみかんくらいはあります。
 ばしゃ山村には何度も泊まったのに、レンブの木に気づいたのは今年が初めてでした。植えてある植物をひとつひとつ観察するだけでも、たくさんの発見がありそうです。きっと普段の生活の中にも、見えていないものがたくさんあるんだろうな。もっと身近なものにも目を向けて生活していけたらなと思います。

| | Comments (3)

あやまる岬/奄美の旅 5日目

Dsc01799b

 奄美の旅最終日、せっかく北部に泊まったので早起きして、あやまる岬に日の出を見に行きました。日の出の時刻が関東に比べて遅いとはいえ、ばしゃ山村からあやまる岬まで車で20分くらいはあるので、5時過ぎに起きないと間に合いません。5時ごろ携帯の目覚ましで起きて子供たちを起こしたのですが、上の子は疲れもあってか行かないと言うので、下の子と二人で出かけました。

 あやまる岬に日の出を見に行くのは3回目でしょうか?でも、この日もやっぱり水平線付近には雲がいっぱい。日の出の時刻は過ぎていたのですが、まだ薄暗くてお日様は雲に隠れていました。

 あやまる岬は高いところにあって180度水平線が見られます。ぐるっと180度海って、なかなか見られる景色じゃありません。


Dsc01803b


 やっと雲の切れ目からお日様が見え始めたところ。空の表情が刻々と変化するので、見ていて飽きません。


Dsc01812b

 全部お日様が綺麗に見えたのは6時になってからでした。
 ここあやまる岬には私と下の子以外誰もいなくてとても静かでした。自分が地球の一部なんだと実感。ちょっと神聖な気持ちになりました。

| | Comments (4)

星空観察/奄美の旅 4日目

Dsc01789b 夕食の後は、奄美最後の夜なので星空を観察しに海岸に行きました。せっかく奄美に行くんだから星座板を持っていかなくちゃ!と、旅行に行く前に私が小学生の頃使っていた年代物の星座板を鞄の中にしまっておいたので、それを持っていきました。
 この日はところどころ雲が出ていたようで、星が見えない方向もありました。まずは方角と思い、北斗七星を探したのですが、これがどうしても見つからない!多分この北斗七星のある方向に雲がかかっていたのではないかと思います。。。
 方角がどうしてもよくわからなくて、真上を見上げると星がいっぱいで、どれがどの星座なんだか結局よくわかりませんでした。(^^;) 下の子は授業でちょうど星空のことなどをやっていたようで、夏休みの宿題に星空の観察というのがあったのですが、結局観察できたのかしら。。。 下の子に言わせると夏の大三角はわかったというのですが、本当に大三角だったのか不明です。

 画像は海岸で上の子が見つけたカニ。夜、誰もいなくなった海岸がカニやヤドカリにとっては活動の場のようです。

| | Comments (0)

ばしゃ山村/奄美の旅 4日目

Dsc01756b 4泊5日の最後の宿は2年目から毎年泊まっているばしゃ山村でした。予算が許すならずっと泊まりたいくらいリゾート感たっぷりの宿。ただリゾートなだけではなくて、ばしゃ山村独特の雰囲気がそこかしこに漂ってます。
 夕方チェックインして、子供たちは早速海やプールに入っていました。私はたまった洗濯物を片付けつつのんびりホテルの周りを散策しました。

Dsc01762b

 大きな実をいくつもつけた立派なアダンの木。初めて沖縄に行った7年前、初めてアダンを見て「パイナップルみたいだね!」と話したのをよく覚えています。懐かしいです。

Dsc01764bDsc01768b

 これはきっと両方ハイビスカスだと思います。左のはもちろんハイビスカスだと思って写真を撮ったのですが、右の花、なんて珍しい花だろうと思いつつ写真を撮っていて、ハイビスカスとよく似ていることに気づきました。蕊の部分が重いのか、みんな下を向いて咲いていました。


Dsc01769b これは名前がわからなかった花。この花、奄美大島では結構見かけたと思うのでポピュラーな花なのではないかと思います。名前はなんて言うのかな。


 ホテル内をのんびり歩き回っていたら、すでに部屋に戻っていた子供たちが「お母さん、大変!!」と走ってきました。何事かと不安に思ったら、上の子が部屋のドアに指を挟んでしまったとのこと。ここのドアはかなりしっかりしたドアで重たいので、挟むと確かに痛そうです。しかも小指。「挟んだとき指がぐにって半分くらいへっこんだ!」と今にも泣きそうな上の子。そんなことを言われると、骨が折れているのかもしれないと心配になり、フロントに相談に行きました。
 フロントで話すとすぐに氷を持ってきてくれて、病院に連れて行ってくれることになりました。わざわざうちのためにホテルの方に病院まで連れて行ってもらい、とても恐縮してしまいました。この日は日曜日だったのですが、病院が少ないせいか大きな病院は休みの日でも開いているそうです。でもさすがに大きな病院は名瀬まで行かないとなくて、往復1時間と診察に30分くらいかかりました。ちゃんとレントゲンを撮ってもらい、骨は大丈夫との診断で一安心でした。今まで旅行に保険証を持参したことがなかったのですが、今回の件で、子供連れの旅では保険証を持って行くべきなんだと学びました。

Dsc01778b
 病院から戻った後、すでに真っ暗で夕食の時間になっていました。
 ばしゃ山村では1日目の夕食は鍋料理なのですが、今回は1泊しかしないことだし鍋は子供たちもあまり食べたがらないのでバーベキューをお願いしました。量が多くて2人前で十分ということで、私と上の子だけ夕食付にして下の子は夕食なしで予約しました。2人前でも全部食べ切れませんでした。


Dsc01780b こちらはデザートのスイカ。2人前なのにちゃんと3人分出していただきました。ごちそうさまでした。

| | Comments (0)

たこ福/奄美の旅 4日目

Dsc01752b マングローブ方面へ行くときはぜひ食べに行こうと思っていたたこやきのたこ福。去年たまたま入ったらたこ焼きがあんまり美味しくて感動したのでした。行くならやっぱりお昼時が一番いいだろうと思っていたので、この日マングローブのカヌーが終わってからいきました。
 マングローブのカヌーで、干潟から戻るときにカヌーを一生懸命漕いでいたのですが、なんだか雲行きが怪しいと思っているうちにボツボツと大粒の雨が!慌ててデジカメをバッグにしまい、必死に乗り場まで漕ぎました。乗り場に到着したときにはどしゃぶりの雨!干潟にいるときじゃなくて本当によかったです。
 そして大雨の中、車で移動してたこ福に到着。お昼を過ぎていましたが、あんなにすごい雨の中お客さんがたくさんいました。


Dsc01748b


 今回はお昼だったので子供たちは定食やラーメンを頼んでいました。私はお好み焼き。やっぱりたこ焼きは絶対はずせないので、みんなでたこ焼きも食べました。美味しかったです♪

| | Comments (0)

マングローブの干潟探索/奄美の旅 4日目

Dsc01729b


 去年、カヌーだけじゃなくて干潟も面白いと教えてもらったので、今年は干潟のマングローブも体験してきました。干潟探索できる場所まではカヌーで行き、干潟に上陸しました。


Dsc01730b


 写真が小さくてわかりずらいのですが、小さな白いものいっぱい、これはシオマネキというカニです。肉眼で見るとチラチラ動いて見えるのですが、シオマネキが大きなハサミを動かしているのです。シオマネキのオスは片方のハサミだけが大きい愛嬌のある姿をしてます。ハサミを動かすのはメスへの求愛行動とのことでしたが、まるで潮を招いているように見えることからシオマネキという名がついているようです。
 カニの方に歩いていくとみんな穴にもぐってしまいます。本当にたくさんの数のカニがいて驚きの光景でした。


Dsc01731b こちらがシオマネキのオス。シオマネキは左のハサミが大きいもの、右のハサミが大きいもの両方いるそうです。目が甲羅からずいぶん離れたところにあるのですが、この目、ワイパーのようにたためるのです。すごーーーい。びっくり。そうしないと土の中でポキっと折れちゃいそうですからね。よく出来てます。


Dsc01734b


 干潟探索はこんなところを裸足で歩いていきました。ヌルヌルした土の上を歩くのはなかなか気持ちよかったです。(笑)
 私はいつも満潮に近いときを選んでカヌーに来ていたので、干潮時のマングローブの眺めは初めてみる景色でした。いつもなら水のある水路も歩くことが出来てとても不思議。マングローブには本当に色々な生き物が住んでいるようなのですが、なかなか簡単には見つかりません。

Dsc01744b こちらは違う種類のカニだったと思うのですが、名前を忘れてしまいました。子供たちが干潟の泥を掘っていて見つけました。

Dsc01741b


 ずっと干潟が続いています。遠くに鳥が見えました。この鳥、山にいるカラスだそうで、名瀬にいっぱいいたものとは違う種類とのことでした。
 干潟はカラスの餌場でもあるようです。


Dsc01738b


 これは多分メヒルギの芽。サガリバナを見に行ったときに写したのはオヒルギの種でしたが、メヒルギも同じように長細い種が出来てプカプカとマングローブを漂い、干潮時にうまく土に刺さり根付くと葉が出てくるのです。こうやってマングローブの森が大きくなっていくんだなぁ。
 
 マングローブの干潟探索は本当に楽しかったです。子供たちも花火の次にこの干潟が楽しかったそうです。今まで干潟を知らなかったなんて、本当にもったいないことをしました!今度から干潮時を選んでマングローブに行かなくちゃと思いました。


Dsc01914b これはサガリバナを見に行ったときに水に浮いていたもの。サキシマスオウノキという植物の種だそうです。
 なんとウルトラマンはこの種がモデルだそうですよ。(笑)

| | Comments (2)

八月踊り/奄美の旅 3日目

Dsc01720b ぶれぶれの写真ですいません。今回の旅行で、夜に写真を撮るのは本当に難しいと感じました。もちろんフラッシュをたけばいいのですが、フラッシュを使うと静止した感じ。動きが伝わってこないのですね。というわけで、この画像なら少しは動きが伝わるかなぁと。(^^;)

 この日は奄美まつりの八月踊りがありました。時間はやっぱり8時から。どうもこの8時というのが私からすると遅く感じるのですが、日の入りの時刻が7時半ごろの奄美では、7時台はまだ夜じゃないのかもしれません。
 宿に戻ってのんびりしたあと夜ご飯を買いに行こうと外に出たら、宿のすぐそばの道路に大きなテーブルが点々と並べられのぼりが立てられ、なにやら不思議な光景でした。

 八月踊りというのは奄美に住んでいるはまちゃんのblogで知っていたものの、実際に見るのはもちろん初めて。宿の部屋でご飯を食べたりテレビを見たりして、8時前に見物に出かけました。

 名瀬の中心地は「○○通り」と道路ごとにみんな名前がついていて、八月踊りをやっていたのは確か支庁通りと屋仁川通りでした。この道路が港から見ると放射状に広がっている感じで、何度通っても迷います。5年目にしてやっとスーパーの場所は覚えられたかな。(笑)
 その2つの通りを通行止めにして、集落ごとに輪になって、きっとその集落の出身であろう人たちが踊ってました。この八月踊りは私の知っている盆踊りとは違って音楽がありません。輪の中に太鼓を持った人がいて、リズムをとっていました。集落ごとに踊りやリズムも違っていて、他にも楽器があったのかもしれないのですが、3週間たち記憶が薄れています。。。(^^;)
 集落ごとに団結している感じでとても輪の中に入っていける雰囲気じゃなかったのですが、でも見ていると踊っている人達がとても楽しそうでした。絶対見ているより踊るほうが楽しいんだろうなぁと思いつつ、長い通りを歩きました。夜店もあまり出ていなくて、本当に踊るのを楽しむためのお祭りという感じがしました。

| | Comments (2)