« 『Apple Day』 | Main | シルバーウィーク »

『竜馬がゆく』

1767581 大河ドラマの龍馬伝を欠かさず見ています。せっかくなので本も読んでみようと思ったのがずいぶん前なのですが、司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』全8巻、やっと読み終わりました。

 歴史が苦手な私は、坂本竜馬(『竜馬がゆく』に合わせて漢字は竜にしておきます)という人が、どんなことをしたのか全然知らなかったのですが、本を読んでみて、こんなことを全く知らないまま今まで過ごしてきたなんて。。。と、ちょっと、いや、かなり反省しました。8巻はさすがに長くて何ヶ月かかかったのですが、8巻目は一気に読み終えました。終わってしまってとても寂しいです。竜馬も死んでしまって悲しい。

 本とドラマはやはりだいぶ違っていて、そのあたりを比べるのも面白いですが、やっぱり本のほうが詳しく説明されているだけあって面白かったです。この本を子供たちにも読んでほしい!!!と思ったのですが、さすがに司馬遼太郎さんの本は難しいだろうな。大人になってからでもいいから、ぜひ読んで欲しいな。

 幕末から明治にかけて、日本という国はがらりと変わってしまった訳ですが、考えれば考えるほど不思議で仕方ないです。150年くらい前までは、時代劇で見るような着物の生活が当たり前で、武士が刀をいつも持って歩いていたのが、今の生活からは全然信じられません。150年なんてそんなに遠い昔ではないのに。

 あとがきに、坂本竜馬は維新史の奇跡 とありました。坂本竜馬がいなかったら、歴史はどんな風に変わっていたんだろう。
 

|

« 『Apple Day』 | Main | シルバーウィーク »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『Apple Day』 | Main | シルバーウィーク »