« ムスカリとチューリップ | Main | オダマキ »

『花色のグラデーションのブーケ』

Dsc07702 お友達に誘われて、ローラン・ボーニッシュ スクールに参加してきました。ローラン・ボーニッシュさんは、フランス人のフラワーアーティスト。テレビや雑誌など色々なところで名前を見かける、お花の世界では有名な方です。私は国際バラとガーデニングショウで何度かデモンストレーションを見たことがあるのですが、いつも素敵な花束を作っていて、あんな風にブーケを作れたらいいなと憧れてました。
 土曜日ベーシックコースというクラスに参加したのですが、どのクラスも10月から始まるようで、今回行ってきたクラスも半年を過ぎてレベルアップしたレッスンだったようです。今回のテーマはグラデーションブーケ。ブーケがドーム状になるように、花同士がでこぼこせず表面がつるつるになるように、なおかつ色が白っぽい色から濃いピンクまでグラデーションになるようにとのことでした!@@


Dsc07701Dsc07703

 左の写真がピンク側、右の写真が白側のグラデーション。真ん中のバラを決めて、くるくる回しながらスパイラルに組むので、グラデーションも考えつつ花を入れるのは至難の業でした。それでもバラがたくさんのブーケはとっても可愛くて、組んでいる途中もとーっても楽しかったです。バラとバラの間にはピットスポルムとナルコユリのグリーンを入れてバラをしっかり固定します。スパイラルのブーケをちゃんと習うのは久しぶりのことで、手がつりそうになりながらも綺麗なグラデーションになるようにと気をつけつつ作業しました。こんなにバラがたくさんのブーケを作るのは、きっと初めてじゃないかと思います。スパイラルの花束好きな私は本当に楽しかったです!毎回通うことはできないのですが、またぜひ機会があったら行きたいなと思いました。


Dsc07708 最後はクラフト紙でラッピング。まるでパリの街角で買った花束みたい!と感激の可愛さでした。
 ラッピングの方法も一度先生が見本を見せてくれて、「はい、自分でやってみて」という感じ。他の生徒さんに教えてもらいつつなんとか上手にできました。後で先生のチェックが入り、バッチリ!と言ってもらえました。(^^)


Dsc07700 こちらは先生の作品。先生は最初に説明しながらデモンストレーションをしてくれます。いとも簡単に綺麗なドーム状にブーケができていくのが、本当に魔法みたいでした。先生はいったい今までにいくつのブーケを作ってきたのでしょう。そう考えると、魔法みたいにできるのは当たり前なんだろうなと思うのでした。私も少しでも近づけるよう、ぜひまたレッスンに行きたいと思います。

|

« ムスカリとチューリップ | Main | オダマキ »

フラワーアレンジメント、寄せ植えレッスン」カテゴリの記事

Comments

うわぁ!
キレイ、キレイ過ぎです!!
しかも、こういう色合いはやっぱりヨーロッパ的だなぁと思います。

うっとりしちゃいますね〜。
こんなブーケもらったら、女性ならイチコロですよね(笑)。
ホントにパリの街角で買って来たみたいです。
さゆたさん、さすが〜。

ローラン・ボーニッシュさんに教わることができるとは、ほんとうに贅沢なレッスンなんですね。レッスンを受けることも、でき上がった花束も夢のようですね。

Posted by: ヤヤー | April 26, 2012 at 01:25

≫ヤヤーさん

ありがとうございます~♪
私の中でローラン・ボーニッシュさんというと、
こういう色合いのイメージなんですよね。
あとはグラデーションがもっと濃くなる感じ。
ヨーロッパで好まれる色あわせなんでしょうかね。(^^)

本当に、こんなブーケをもらったら嬉しいだろうなって
思います!これなら私にも出来そうって思うのですが
なかなかお花屋さんでこれだけのバラを揃えるのが
難しそうですよね。

こちらのレッスン、ブーケ(束ねるタイプ)に力を入れてるそうなので
ぜひぜひ時々通いたいなと思います!

Posted by: さゆた | April 26, 2012 at 06:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ムスカリとチューリップ | Main | オダマキ »