« 『恋歌』 | Main | 黄色い財布 »

『うつくしい人』

 西加奈子さんの本は多分2冊目。1冊目を読んだのはずいぶん前。そのときも多分思ったんだけど、私にはいまひとつピンとこないお話し。一番下の画像にある通り、帯に「西さんはすごい!」と書いてあるんだけど、どの辺がすごいかわからないのがちょっと悲しくもあり、きっと私はフツーの人だからだろうと思ったり。芥川賞の受賞作品を読むことはあまりないんだけど、イメージとしてはそういうストーリーじゃないかなと思う。

 この本は母が購入したもの。ずっとカバーをしたまま最後まで読んで、写真を撮らなくちゃと初めてカバーを外した。内容と表紙の絵が今一つしっくりこないような。そして帯を先に読んでなくてよかったと思った。(笑)

 『うつくしい人』 西加奈子 幻冬舎文庫


Dsc_0551


Dsc_0552_2


Dsc_0553


|

« 『恋歌』 | Main | 黄色い財布 »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『恋歌』 | Main | 黄色い財布 »