« 新しい財布 | Main | 春に向けてのビオラ鉢 »

『キャロリング』

 有川浩さんの本を読みました。こちらは他の方が読んで泣けたとの感想を書いていたので、図書館にリクエストしていたもの。借りるまでに半年くらいかかりました。2014年10月に刊行されたものなので、まだ1年くらい。それにしては本に年季が入っていて、たくさんの人に読まれたんだなとしみじみ。
 有川浩さんはどの本も安心して読める作家さん。この本も面白かった。
 有川浩さんの本、どのくらい出ているのかな?その中で私は何冊くらい読んでいるのかな?今まで読んだ中で印象深いのは自衛隊三部作の『塩の街』、『空の中』、『海の底』。SFっぽい現実離れしたお話しだからかもしれない。


 『キャロリング』 有川浩 幻冬舎

Upload_006


|

« 新しい財布 | Main | 春に向けてのビオラ鉢 »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新しい財布 | Main | 春に向けてのビオラ鉢 »