« 『アナザーフェイス』 | Main | 『ぬけまいる』 »

『実さえ花さえ』


 『実さえ花さえ』 朝井まかて 講談社

 朝井まかてさんの本、4冊目かな?いや、6冊目だった!
 この本は第3回小説現代長編新人賞奨励賞受賞作とのことなので、デビュー作らしい。この本も『ちゃんちゃら』や『先生のお庭番』と同じく植物を育てる人のお話。時代小説のこういうジャンル、今まで読んだことがなかったので面白い。
 でも真ん中辺りでどうにもこの展開はなぁという部分あり、あと最後のエピローグの部分もちょっとうーんと思ったので、この辺が奨励賞の所以(ゆえんってこう書くんだな)なのかなぁと思ったり。

 この本は文庫本ではタイトルが違うみたいと母が言っていた。『花競べ 向嶋なずな屋繁盛記』というタイトル、確かに同じ本かも。やっぱり本を売るには題名がとても大事だからなぁ。この副題を見たら読んでみたくなるかも。


Dsc_0834

|

« 『アナザーフェイス』 | Main | 『ぬけまいる』 »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『アナザーフェイス』 | Main | 『ぬけまいる』 »