« November 2016 | Main | January 2017 »

December 2016

Read Books 2016

ガブリエル・ゼヴィン:書店主フィクリーのものがたり
上田岳弘:私の恋人
中脇初枝:世界の果てのこどもたち
角田光代:森に眠る魚
荻原浩:海の見える理髪店
荒木源:オケ老人
中島要:なでしこ日和 着物始末暦七
三浦しをん:きみはポラリス
角田光代:平凡
知念実希人:仮面病棟
高田郁:あきない世傳 金と銀 二 早瀬篇
今野敏:欠落
辻村深月:ハケンアニメ
今野敏:同期
今野敏:宰領 隠蔽捜査5
今野敏:自覚 隠蔽捜査5.5
今野敏:潜入捜査
中島要:錦の松 着物始末暦六
今野敏:転迷 隠蔽捜査
今野敏:処断 潜入捜査
今野敏:排除 潜入捜査
宮下奈都:誰かが足りない
今野敏:初陣 隠蔽捜査3.5
今野敏:疑心 隠蔽捜査3
中島要:なみだ縮緬 着物始末暦五
中島要:夫婦からくり 六尺文治捕物帖控
今野敏:果断 隠蔽捜査2
今野敏:隠蔽捜査
光文社文庫編集部編:江戸猫ばなし
中島要:ひやかし
中島要:江戸の茶碗
今野敏:任侠病院
今野敏:任侠学園
今野敏:任侠書房
中島要:晦日の月 六尺文治捕物控
中島要:雪とけ柳 着物始末暦四
中島要:夢かさね 着物始末暦三
中島要:藍の糸 着物始末暦二
中島要:しのぶ梅 着物始末暦
飛鳥井千砂:タイニー・タイニー・ハッピー
髙田郁:あきない世傳 金と銀 源流篇
朝井まかて:ぬけまいる
朝井まかて:実さえ花さえ
堂場瞬一:アナザーフェイス

| | Comments (0)

DVD・映画 2016

○ぼくは明日、昨日のきみとデートする
 ☆☆☆☆☆☆☆★★★
●ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期
 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★
華麗なるギャッツビー
 ☆☆☆☆☆☆☆★★★
テルマ&ルイーズ
 ☆☆☆☆☆☆☆★★★
シェフ
 ☆☆☆☆☆☆☆★★★
チョコレートドーナツ
 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★
はじまりのうた
 ☆☆☆☆☆☆☆★★★
ミニオンズ
 ☆☆☆☆☆☆☆★★★
胸騒ぎの恋人
 ☆☆☆☆☆☆★★★★

| | Comments (0)

『書店主フィクリーのものがたり』


 『書店主フィクリーのものがたり』 ガブリエル・ゼヴィン 小尾美佐訳 早川書房

 これは2016年の本屋大賞 翻訳部門で1位だった本。穏やかな読後感。

『書店主フィクリーの』

| | Comments (0)

『私の恋人』

 『私の恋人』 上田岳弘 新潮社

 テレビで確かピースの又吉さんが勧めていた本。壮大すぎてなかなか読みづらい作品でした。そしてもう最後を覚えていない私。どんな終わり方だったんだっけな。


『私の恋人』

| | Comments (0)

『世界の果てのこどもたち』


 『世界の果てのこどもたち』 中脇初枝 講談社

 戦争のときに小さい子供だった女の子3人が主人公かな。それぞれが年をとるまでを描いていて、色々考えさせられる内容だった。忘れちゃいけない、語り継がなくてはいけないコト。
 今の時代に生きていることを当たり前のこととして日々過ごしているけど、本当はとても幸せなことなんだよな。


『世界の』

| | Comments (0)

『森に眠る魚』

 『森に眠る魚』 角田光代 双葉社

 この本のタイトルはどういう意味なのかな?と思いつつ、今ネットで検索したら、この本は1999年に起きた事件の小説化と書いてあってびっくり。そうだったのか。どこまでが本当なのかなぁ。知っていて読んだら、感想がまた違ったかもしれない。
 ずいぶん前に読んだ『八日目の蝉』もとても印象に残っているお話だけど、こちらも実際にあった事件の小説化とのこと。そうだったのか。今頃知った。


『森に眠る魚』

| | Comments (0)

『お正月飾り』

Img_20161203_151724_20001 先週は一足早くお正月飾りを作ってきました。作るのはいいけどさすがにまだ飾れないので、ひと月近く寝かせておかなくてはいけません。うーん。これからお花屋さんは大忙しなので、12月後半のレッスンというわけにもいかず。仕方ないんだろうなぁ。

 今回の作品

| | Comments (0)

『海の見える理髪店』

 『海の見える理髪店』 荻原浩 集英社

 短編6編が収録されてます。どの物語も読み終えた後じんわりあたたか。直木賞に納得。

 短編というよりこのくらいの長さは中編じゃないかと思ってしまう私。短編というと星新一くらいが思い浮かぶけど、ショートショートと言っていた位だから私の理解が間違っているんだな。


『海の見える理髪店』

| | Comments (0)

『オケ老人』


 『オケ老人』 荒木源 小学館文庫

 表紙は杏さんだけど、主人公は男性。面白かったけど、エンディングが予想できてあと数ページを残して他の本をよんでしまった。(^_^;)

『オケ老人』


『オケ老人』

| | Comments (0)

『なでしこ日和』

 『なでしこ日和 着物始末暦七』 中島要 角川春樹事務所

 着物始末暦の七冊目。今年8月に発売になったもの。ようやく図書館で借りられた。前回はいまひとつと失礼なことを書いたけど、今回はなかなか面白かった。期待が少なかったのも面白いと思った理由かな。(^-^;)
 次も楽しみにしようと思う。 


『なでしこ日和』


『なでしこ日和』

| | Comments (0)

Let’s Go Crazy

 今期の羽生くんのショートが素晴らしすぎて、繰り返し録画を見返している私。まるでエキシビジョンみたい。音楽と一体化してる。羽生くん、毎年進化していて本当にすごいと素直に感心。


| | Comments (0)

『きみはポラリス』

 『きみはポラリス』 三浦しをん 新潮文庫

 本を読むのに波があり、ブログの記事を見たら前回は9月下旬の投稿だった。読んだのはきっともう少し前なので、1か月は本を読まなかった模様。
 この本は母がブックオフで購入したもの。短編集なので通勤のとき読みやすい。本全体が淡々とした感じかな。


『きみはポラリス』


『きみはポラリス』

| | Comments (0)

« November 2016 | Main | January 2017 »