« 東慶寺/6月の鎌倉 | Main | 鎌倉 松原庵/6月の鎌倉 »

長谷寺/6月の鎌倉

 お友達との待ち合わせが11時半長谷駅だったので、東慶寺を10時40分くらいには出発。本当は、何年か前に東慶寺とともに訪れた長寿寺にも行きたかったけど、朝起きてから家でのんびりしてしまったため、時間がなくなってしまった。長寿寺もまたいつかぜひ行ってみたい。


Img_20170625_112737


 北鎌倉から横須賀線で鎌倉へ。GWに行ったときは鎌倉駅で江ノ電に乗る長蛇の列が出来ていたので、この日も長谷まで行くのに時間通りに行けないんじゃないかと心配していたけど、全く問題なくすんなり乗れた。江ノ電は単線の部分があるからだと思うけど電車の間隔は普通より長め。このときはホームにいた駅員さんに聞いたら次の電車が12分後とのことだった。

 写真は長谷駅で撮ったもの。江ノ電ってついつい写真を撮りたくなる電車。笑 江ノ電も車両の種類がいくつかあるけど、やっぱり昔ながらの緑色の車両が絵になる。


Img_20170625_113155

 長谷駅で降りる人はやっぱりたくさん。紫陽花の季節なので、みんな長谷寺に向かうのかな。長谷寺まで歩く途中に見つけた住所の看板。何だかとても懐かしい。こういう古いものが残っているのが嬉しいと感じてしまう。

Img_20170625_113519

 長谷寺に来るのは2回目か3回目くらいだと思う。鎌倉は遠足で来たりするので来ていても覚えていないっていうのもあるかもしれないけど、私が覚えているのは子供たちと行ったこと。そのときは何も調べもせず、名前だけは知っていた長谷寺ということで行ってみたんだけど、紫陽花の季節だったわけではないので、普通にお寺だった。笑

 長谷寺に入場するときに、散策路は2時間待ちと言っていた。一緒に行ったお友達曰く散策路に行かなくても紫陽花は見えるからってことだったけど、確かに2時間なんて待つ気にはなれない。


Img_20170625_113818


 長谷寺は紫陽花の鉢がたくさん置いてあった。きっと紫陽花で有名ということで散策路に入らない人のために置いてあるのかもしれないけど、やっぱり地植えの方だけでもいいような。苦笑

 池に花菖蒲の景色が綺麗だったけど、これも紫陽花の季節に合わせて作ったっぽい。うーん。観光地という感じがちょっと残念。


Img_20170625_114049

 境内で見つけた良縁地蔵。実は3つあるそうで、3つ全部見つけられましたか?とFacebookでお友達に聞かれたけど、全然気づかなかった。縁切寺の東慶寺に行った後に良縁地蔵を見つけて少々複雑な気分。笑

 長谷寺には海が見える見晴台もあって、晴れた日には気持ちよさそう。写真を撮り忘れてしまった。テーブルとベンチもたくさんおいてあり、混んでいなければここでお弁当を広げられそう。

Img_20170625_114645

 紫陽花は斜面一面に咲いていて、それを下から眺めるために近くに行ったら竹林も少しあった。GWの報国寺に比べたらほんの少ししかなかったけど、上を眺めるととても綺麗。竹に限らず、木が茂っているところで上を見上げるのが好き。


Img_20170625_114829

 斜面一面の紫陽花は見ごたえ十分だったけど、写真では一部分になってしまうのでうまく伝わらないだろうな。この上の方に散策路があるそう。


Img_20170625_115141

 これなんだろう?っていう不思議なものを発見。仏様の足とのことだったけど、この上に乗りたいなぁと罰当たりなことを考えてしまう。笑

 境内を歩きまわっていたら写経が出来る場所を発見。写経には前から興味があったのでお友達と一緒に挑戦してみることに。写経は3種類の中から好きなものを選べたけど、一般的な般若心経にしてみた。時間にして1時間半から2時間くらいかかると言われたけど、お友達の隣でやっていて、お友達が結構早かったので私もつられて書いていたら1時間くらいで終わってしまったみたい。雑になってしまったところもあり、後から反省。般若心経の意味もよくわからず書いていたので、書きながら別のことを考えてしまうのもどうなんだろう。今どきはネットに訳が載っているようで、今度は意味もちゃんと覚えてから、ぜひまたゆっくり写経をしに行ってみたい。


|

« 東慶寺/6月の鎌倉 | Main | 鎌倉 松原庵/6月の鎌倉 »

友達と」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 東慶寺/6月の鎌倉 | Main | 鎌倉 松原庵/6月の鎌倉 »