« 『恋する惑星』 | Main | ベランダガーデンのつれづれ »

『流離 吉原裏同心 一』

 『流離 吉原裏同心 一』 佐伯泰英 光文社文庫

 時代小説が好きなので、どこかのサイトのお勧めを見て借りた本。うーん。そんなに好きではない感じ。時代小説も、人を簡単に殺してしまうようなところはあまり好きじゃない。こう考えて思い出すのは三国志だったかな。物語としては面白いけど、人の命の重みとか、そういう部分のことは無視されている。文章の書き方もあるだろうし、物語の中で人を殺したりという場面がどの程度のウェイトを占めているかも、自分の中でこの本は好きとか好きじゃないとか、変わってくるんだと思う。

『流離 吉原裏同心一』


『流離 吉原裏同心一』

|

« 『恋する惑星』 | Main | ベランダガーデンのつれづれ »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『恋する惑星』 | Main | ベランダガーデンのつれづれ »