« Read Books 2018 | Main | 『みかづき』 »

寄せ植えセミナー

 昨日は憧れの吉谷桂子さんのセミナーが無料で受けられるとのことで、新大久保まで行ってきました。
 吉谷桂子さんはガーデンデザイナーで、全国の色々なお庭などを手掛けています。なかなか遠くのガーデンまで足を運ぶことが叶わなくて、今までに行ったことのあるのは藤の時期の「浜松フラワーパーク」に一度だけ。箱根の星の王子様ミュージアムもずっとお庭をデザインされているので、ぜひ今年こそ行ってみたいです。

 新大久保はコリアンタウンで有名なので、ものすごい人でした!こんなにも韓流人気は続いているのねとビックリ。人の波にもまれつつ、ちょっと違う道にそれると全く人がいなくて、ギャップが激しすぎました。笑
 セミナーはハウジングステージ新宿という住宅展示場のオープンイベントで行われていました。たぶんイベントが行われること自体あまり知られていないせいか、人がまばら。でも吉谷桂子さんの寄せ植えセミナーは満席になっていたようでした。
 目的がそのセミナーを聞くことだったので受付開始前の時間に到着して、早々と一番前の席を確保。真ん前でしっかりお話しを聞くことが出来ました。


1547377785808


 吉谷桂子さん、私より一回り近く年上とは思えないチャーミングな方で、こんな風に年齢を重ねられたらいいなと憧れの存在です。セミナーでは1時間くらい、寄せ植えについてのお話しと、実際に寄せ植えのデモンストレーションを見ることが出来ました。
 セミナーのテーマは「春まで長く楽しめるガーデニング」。園芸誌などを時々読むと、吉谷桂子さんはいつもロングライフというのを考えて寄せ植えを作っています。今回の寄せ植えは冬から春4月ごろまでですが、今の関東以西の気候なら秋から春まででも楽しめるというお話をしていました。

 そんなロングライフだからこそ、植物にストレスがかからないように気を使いつつ、植物たちが鉢でもたくさん花が咲かせられるよう、愛情をこめて寄せ植えを作っている姿が印象に残りました。長く楽しむために肥料は必須で寄せ植えを作る際に、鉢の下の方には有機肥料、苗の近くには化成肥料を入れていました。肥料が多いと肥料焼けの心配があるという話しもしていましたが、珪酸塩白土を肥料と一緒に入れることで、肥料焼けの心配がなくなるんだそうです。

 私自身、レッスンなどで寄せ植えを何度も作ったことがあるのですが、これまでのどの先生よりも植物へ愛情をもって接しているのがお話しからひしひしと伝わってきました。

Img_20190113_153455


 デモンストレーションで作られた寄せ植えは会場の方1名にプレゼントだったのですが、じゃんけんで最後まで勝ち残った男性の方がもらっていました。本当に羨ましい!
 とてもいい天気に恵まれたお陰で、写真では色が飛んでしまっているのですが、実物はもっと素敵でした。鉢も吉谷桂子さんが白いプラ鉢を植物の色に合わせて塗ったんだそうです!寄せ植えを作るときには鉢もまた置く場所の背景も含めて考えることが大切とのことでした。


Img_20190113_153552


 吉谷桂子さんのご自宅で育てている寄せ植えが何点か飾ってあったのですが、その中でこれがぜひ作ってみたいと思ったもの。色合いが可愛くてプリムラも素敵。
 さっそく園芸店に行って同じような組み合わせで苗を買ってきたいなと思いました。

|

« Read Books 2018 | Main | 『みかづき』 »

フラワーアレンジメント、寄せ植えレッスン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Read Books 2018 | Main | 『みかづき』 »