『影法師』


 『影法師』 百田尚樹 講談社

『影法師』

 母が図書館で借りてきたので私も読むことに。読み始めてすぐに前にも読んだことがあると思い、ブログを検索してみたけど見つけられず。途中まで読んで図書館に返したのかな?と考えながら最後まで読んだけど、やっぱり全部一度読んでいた。ブログに載せ忘れちゃうこともあるんだな。(^_^;)

 時代小説は大好きなので、2度目だけど楽しめた。

| | Comments (0)

『敗者の嘘 アナザーフェイス2』

 『敗者の嘘 アナザーフェイス2』 堂場瞬一  文春文庫

 1冊目の後5冊目を読み、やっぱり順番にと思って図書館で借りてみた本。確かにあまり難しいことを考えなくていい本だけど、シリーズ制覇しなくちゃと思うほどでもないかなぁ。

『敗者の』

『敗者の』

| | Comments (0)

『あきない世傳 金と銀 三 奔流編』

 『あきない世傳 金と銀 三 奔流編』 高田郁 ハルキ文庫

 半年の間楽しみにしていたシリーズもの。ふと「そういえばそろそろ発売かも」と思い出し、ネットで調べたら前日が発売日だったので、さっそく母に伝えて買ってもらった。(←自分で買わない。笑)

 今回の内容は、何もかもがうまくいっていて物足りなさを感じていたら、最後にまた試練。というような内容だったはず。読んでひと月くらい経っているのでもう記憶が曖昧。(^-^;)

『あきない』


『あきない』


『あきない』

| | Comments (0)

『超高速!参勤交代』

 『超高速!参勤交代』 土橋章宏 講談社文庫

 ブログにアップしないまま、随分経ってました。(^_^;)1月に読んだ本。映画になるだけあって面白かった。

『超高速参勤交代』

『超高速参勤交代』

| | Comments (0)

Read Books 2016

ガブリエル・ゼヴィン:書店主フィクリーのものがたり
上田岳弘:私の恋人
中脇初枝:世界の果てのこどもたち
角田光代:森に眠る魚
荻原浩:海の見える理髪店
荒木源:オケ老人
中島要:なでしこ日和 着物始末暦七
三浦しをん:きみはポラリス
角田光代:平凡
知念実希人:仮面病棟
高田郁:あきない世傳 金と銀 二 早瀬篇
今野敏:欠落
辻村深月:ハケンアニメ
今野敏:同期
今野敏:宰領 隠蔽捜査5
今野敏:自覚 隠蔽捜査5.5
今野敏:潜入捜査
中島要:錦の松 着物始末暦六
今野敏:転迷 隠蔽捜査
今野敏:処断 潜入捜査
今野敏:排除 潜入捜査
宮下奈都:誰かが足りない
今野敏:初陣 隠蔽捜査3.5
今野敏:疑心 隠蔽捜査3
中島要:なみだ縮緬 着物始末暦五
中島要:夫婦からくり 六尺文治捕物帖控
今野敏:果断 隠蔽捜査2
今野敏:隠蔽捜査
光文社文庫編集部編:江戸猫ばなし
中島要:ひやかし
中島要:江戸の茶碗
今野敏:任侠病院
今野敏:任侠学園
今野敏:任侠書房
中島要:晦日の月 六尺文治捕物控
中島要:雪とけ柳 着物始末暦四
中島要:夢かさね 着物始末暦三
中島要:藍の糸 着物始末暦二
中島要:しのぶ梅 着物始末暦
飛鳥井千砂:タイニー・タイニー・ハッピー
髙田郁:あきない世傳 金と銀 源流篇
朝井まかて:ぬけまいる
朝井まかて:実さえ花さえ
堂場瞬一:アナザーフェイス

| | Comments (0)

『書店主フィクリーのものがたり』


 『書店主フィクリーのものがたり』 ガブリエル・ゼヴィン 小尾美佐訳 早川書房

 これは2016年の本屋大賞 翻訳部門で1位だった本。穏やかな読後感。

『書店主フィクリーの』

| | Comments (0)

『私の恋人』

 『私の恋人』 上田岳弘 新潮社

 テレビで確かピースの又吉さんが勧めていた本。壮大すぎてなかなか読みづらい作品でした。そしてもう最後を覚えていない私。どんな終わり方だったんだっけな。


『私の恋人』

| | Comments (0)

『森に眠る魚』

 『森に眠る魚』 角田光代 双葉社

 この本のタイトルはどういう意味なのかな?と思いつつ、今ネットで検索したら、この本は1999年に起きた事件の小説化と書いてあってびっくり。そうだったのか。どこまでが本当なのかなぁ。知っていて読んだら、感想がまた違ったかもしれない。
 ずいぶん前に読んだ『八日目の蝉』もとても印象に残っているお話だけど、こちらも実際にあった事件の小説化とのこと。そうだったのか。今頃知った。


『森に眠る魚』

| | Comments (0)

『海の見える理髪店』

 『海の見える理髪店』 荻原浩 集英社

 短編6編が収録されてます。どの物語も読み終えた後じんわりあたたか。直木賞に納得。

 短編というよりこのくらいの長さは中編じゃないかと思ってしまう私。短編というと星新一くらいが思い浮かぶけど、ショートショートと言っていた位だから私の理解が間違っているんだな。


『海の見える理髪店』

| | Comments (0)

『オケ老人』


 『オケ老人』 荒木源 小学館文庫

 表紙は杏さんだけど、主人公は男性。面白かったけど、エンディングが予想できてあと数ページを残して他の本をよんでしまった。(^_^;)

『オケ老人』


『オケ老人』

| | Comments (0)

より以前の記事一覧